週プレNEWS(2011/10/19)

─────────────────────────────────
今年に入ってから、原作を持たないオリジナルストーリーで作られたアニメのヒットが続いている。

テレビアニメ史上最高のBD売り上げを記録した『魔法少女まどか☆マギカ』をはじめ、『花咲くいろは』『TIGER&BUNNY』『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』などの人気が沸騰。秋アニメでも、『ギルティクラウン』『たまゆら』といった話題作が目白押しだ。時代はオリジナルアニメを求めているのだろうか?

「僕は偶然重なっただけだと思っています。深夜アニメの企画が立ち上がってから放送されるまでには数年を要しますから。『まどか☆マギカ』も、放送2年くらい前には脚本が完成していたのですが、実際の放送時期は制作プロダクションのスケジュールなどを調整して決めました。確かに少し前からオリジナルアニメに力を入れていますが、原作付きもこれまでどおり作っています。個人的に、原作の力に頼らなくても、力のあるスタッフの手でいい作品は作れるはず、という気持ちはありますけどね」(アニプレックス宣伝マン・神宮司学氏)

ライターの多根清史氏も、今年オリジナルアニメが目立ったのは偶然の結果としつつも、「オリジナルアニメを作るからにはそれぞれの理由があってやっているはず。大局的に見れば、2011年という年が、原作を土台にしたメディアミックス商法の転換点になる可能性はある」と語る。

さらに、オリジナルアニメの台頭の最たる理由として“原作枯渇”を挙げる。

「00年代半ばを頂点として、ライトノベルなどのアニメ化がさんざん行なわれてきた結果、魅力ある原作が見当たらなくなった。一方で、『まどか☆マギカ』の脚本を描いた虚淵玄(うろぶち・げん)氏のように、力のある脚本家がアニメ業界に参入してくると、部数も出ていない新しい原作をわざわざ使う必要もなくなってきますよね」(多根氏)

だが、原作を作る出版社側にも言い分はある。現在、ライトノベル市場で好調を維持するレーベルの編集者は語る。

「最近、アニメのプロデューサーと話していると、『〝現代学園もの〟を探している』と言われることがあります。これは、読んで字のごとく現代の学校を舞台にした作品という意味なのですが、なぜそれが求められるかというと、ファンタジー小説は作画も難しくて作るのが大変らしいんです。『ハルヒ』以後のアニメは背景美術などもリアル志向になっていますから、現代学園ものを求める理由はわかるんですが、ライトノベルはもともとファンタジーに強い分野。きっとアニメ化すれば面白い作品はまだまだあるんですよ」

この「原作付きvsオリジナル」という構図。なかなか根が深い問題をはらんでいるようだ。

(取材・文/西中賢治)
─────────────────────────────────

>時代はオリジナルアニメを求めているのだろうか?

昔も今もユーザー達は「面白い作品」を求めているのでしょう。

原作のありなしまで考えてる人なんてそんなにいないと思うけど。


個人的には…先が読めない「原作なし」の方が、見てる分にはネタばらしみたいな行為でいちいち大騒ぎにならない分、楽しみはあるかもしれませんね。
ほとんどのアニメを後発で、しかも録画で見てるのだけど、その理由は、もう数年以上前から、毎週決まった時間にテレビの前に居る、ということがどうしてもできないためです。
…したがって、いっつも放映後に見ることになるワタシとしては、ネタバレの話などすでにどうでもいいことではあるのだけど。


ただ、広報する側と考えると、原作なしよりは、原作ありの方がリスクは小さいでしょう。作る前からその作品のファンがすでに居るわけだし。原作がない場合は、そういうところを一から話題づくりしていく必要がありますからね。
ただその分、原作と常に比較されるというリスクもなくはないが…。

でも今回の件は

>僕は偶然重なっただけだと思っています。

と、中の人が言ってるわけですから、偶然重なっただけなのでしょう。
ただまあ


>魅力ある原作が見当たらなくなった。

とも言っているので、原作なしのオリジナルを作る気になったか、作らざるを得なくなってきたか、そういう事情はあるのかもしれません。


近頃ラノベどころか漫画もろくに読んでいないワタシからしたら、原作があろうがなかろうがあんまり関係ないといえば関係ないわけですが、たまにはオリジナルの作品はないのかよ…と、数年前から思ってはいたので、悪くない傾向なのではないかと、個人的には思っていたりなんかしたり。


>00年代半ばを頂点として、ライトノベルなどのアニメ化がさんざん行なわれてきた結果、魅力ある原作が見当たらなくなった。

青田刈りをしまくって、それを食い尽くしたってことですよね。
同人屋を拾ってきてエロゲの絵師にしたりエロ漫画家にしたりして、使えなくなったらポイ捨てしてる連中とやってることはあんまり変わらないと思うんです。
…こういうこと言う人を見てると思うんだけど、何故に、実力を持つ人材がいくらでも沸いてくると思ってしまうんだろう?
出来るのを待ってるだけで、自分たちで世話して育てたりしないで、ただ生えてくるのを待ってるだけじゃ枯渇して当然だと思うんだけど。

まあそれだけ…アニメの業界も切羽詰ってるのかもしれませんが。


─────────────────────────────────
最近、アニメのプロデューサーと話していると、『〝現代学園もの〟を探している』と言われることがあります。
これは、読んで字のごとく現代の学校を舞台にした作品という意味なのですが、なぜそれが求められるかというと、ファンタジー小説は作画も難しくて作るのが大変らしいんです。
『ハルヒ』以後のアニメは背景美術などもリアル志向になっていますから、現代学園ものを求める理由はわかるんですが、ライトノベルはもともとファンタジーに強い分野。きっとアニメ化すれば面白い作品はまだまだあるんですよ
─────────────────────────────────

>最近、アニメのプロデューサーと話していると、『〝現代学園もの〟を探している』と言われることがあります。

そういやあのあたりから、学園モノがやたらに多い気がするな。
いや、ワタシが見ているのが学園モノばっかりだからそう感じるだけかしら?

リアル志向か…その傾向はどのくらいあるのかは知らないけど、どこかの地域と密着させるほうが、後の展開につながりやすいとか、そういう感じの別の思惑もありそうですね。らき☆すたで言う鷲宮神社や幸手みたいな。


>ファンタジー小説は作画も難しくて作るのが大変らしいんです。

だろうな…。
学園モノの場合、世界観や舞台、そして主人公の役割の説明とか、そういう部分を省略することができるけど、創造の世界だとそういうわけにはいかないですからね。枠が最大でも26話分しかないのに、いちいちそんなこと説明にかけていられる余裕はないでしょうから。


>ライトノベルはもともとファンタジーに強い分野。

そうだったのか。
ソレは知らなかった。


>この「原作付きvsオリジナル」という構図。なかなか根が深い問題をはらんでいるようだ。

業界的にはそうなんだろうか?
見てる側は多分そんなこと気にしてないと思うけど。



面白ければなんでもいい、と思う方はクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Blog Entry ランキングへ投票


ツインテールに関するアンケートにご協力下さい

http://www.twintail.net/dic/question/index.php



----------------------------------------------------------------------------

【Twintail.Order】http://www.twintail.net/order/

【ツインテール名鑑】http://www.twintail.net/dic


…1名追加。

【三島燐子】http://www.twintail.net/dic/char__mishima_rinko.php

【フェイト・T・ハラオウン】http://www.twintail.net/dic/char__feito_t_haraoun.php


【高町なのは(StS)】http://www.twintail.net/dic/char__takamati_nanoha_s.php

【フェイト・テスタロッサ】http://www.twintail.net/dic/char__feito_tesutarossa.php