意味のないこと、意味のないもの。
そう見えることを幾度も幾度も積み重ねながら時を重ねて行くと、それが「技術」となり、世の中の役立つモノとなっていく。
こういう例はいくつもありますが…たとえば、自動車の開発だって、元はといえば道楽で始めたようなもの。悪路は走りにくい、燃料がなければただのゴミ、馬車で充分、と当時は言われて、そこから100年以上時は流れました。

現在では「馬車」で移動してる人なんて、日本どころか海外でも殆どいませんよね(見世物以外)。

一見「無駄」と思われるモノであっても、それはどこで役に立つか分からない。
たとえ、動機が「ガンダムを作りたい」とかいうくだらなく思えるものであったとしても、それを実現しようとするために色々考えたり、作ったりすることは…たとえ、結果として、ガンダムと同じモノが作れなかったとしても、それは無駄なことと言い切れるのだろうか?


一見「無駄」に見えるもの。それが「研究開発」であると、ワタシは思います。
それは積み重ねによって、現在の常識を覆すことにもなるだろう。そう思います。



サーチナ(2011/11/10)
──────────────────────────────────────
  ホンダは8日、新型の二足歩行ロボット「ASIMO(アシモ)」を発表した。周囲の状況に合わせて自らの判断で行動するシステムを搭載した新型アシモは、人の動きや状況に合わせた対応ができるようになった。また走行速度の向上と片足ジャンプ、両足ジャンプに加え、複雑な手話表現も可能になった。

  韓国でも、一層パワーアップされた新型アシモに注目が集まっている。複数の韓国メディアは「ホンダ、4年ぶりにもっと賢い『アシモ』を公開」などの見出しで続々と報じた。同国ネット上の掲示板などでも話題となっている。

  この新型アシモを見て、韓国のネットユーザーからは「予想以上に素晴らしい、衝撃的」「わが国は絶対作れない、日本のロボット技術とは40年の差がある」などと称賛する声が上がっている。

  一方で「ただのおもちゃ」と非難する書き込みもあった。「確かに素晴らしいが、最終目標はなんだ?」「愛玩犬のようなロボットではなく、役に立つものを作ったら」「福島原発で働いているアメリカロボットの手助けをしろ」などのコメントも寄せられている。(編集担当:永井武)
──────────────────────────────────────

…HONDAの誇るASIMO。
このパッケージでもう量産体制に持っていくことも可能らしい。
軽量化、移動速度の向上、片足/両足ジャンプなどなど、いろいろな機能が新たに搭載されたニューモデルになったそうです。

その動きを見ていると、いろいろな「可能性」が見えてくる。
民主政権になってから、見てて欝になりそうな話題にまみれていた中、久々の明るいニュースだと思いました。


…が。


> 韓国でも、一層パワーアップされた新型アシモに注目が集まっている。

やはり、お隣の国でも、それなりに話題になっているらしい。


>「予想以上に素晴らしい、衝撃的」
>「わが国は絶対作れない、日本のロボット技術とは40年の差がある」

といった、まあ概ね、ワタシも同意するような意見もあって…(しかし40年も差があるのだろうか?)


>一方で「ただのおもちゃ」と非難する書き込みもあった。
>「確かに素晴らしいが、最終目標はなんだ?」
>「愛玩犬のようなロボットではなく、役に立つものを作ったら」
>「福島原発で働いているアメリカロボットの手助けをしろ」などのコメントも寄せられている。

…という、やや批判めいたコメントもあったそうだ。
これはあくまでワタシの推測だが、肯定コメントより、多分こっちの批判コメントの方が多かったのではないかな。
こういう意見を見ていて、「なるほど…」と思ってしまった。


これが韓国人の平均的な発想だとしたら、技術開発面で日本に遅れをとっている理由としては充分過ぎる。


と思った。
こういう、マジコンエリマキを中心とした「無駄無駄馬鹿」のような発想では、新しい技術は生まれてこないだろうな。とも。
知っている方は多いと思うし、今更言うまでもないと思いますが…


現状のASIMOは、あくまで「研究開発段階」の代物です。


そのためのリースや売却などは行っているみたいですが、あくまで研究開発向けであって、一般販売はされていません(当然か・・・)。
これからも更に研究開発を進めて、ASIMOは、ゆっくりかもしれないけど、よりパワーアップしていくのだと思います。
そして、将来的には…もしかしたら、人間と瓜二つのアンドロイド、あるいは人型兵器(ガンダムのような…)として、その技術が転用されるかもしれません。また、そういった「夢」に一歩近づいたとも言えますよね。

それを、彼らは「無駄」と言ってるに等しいわけです。

そりゃあ…現状だけで見れば、確かに、なんかの役に立つ訳ではない。
そういう意味では「ただの玩具」と言われても仕方ないかもしれない。


…今の段階ではね。


そんなこと言って罵ってるだけだとしたら、まあ現状の技術差があるのも致し方ないかな。という気がします。


>何か役に立つモノを

…この発想が全てを象徴していると思います。
横取りすることに慣れている発想。

まあ…ちょっと世の中を俯瞰して見ることが出来ればわかると思うのですが。
100年後に昇華していくような新技術、新開発、という類のものは、「何かに役立たせるための研究開発」ではなく「趣味で研究開発していたらいつのまにか役立つものになっていた」という形で生まれることが多いのは、これまでの人類の歴史が証明しています。

…ちょっとわかりにくいか…。

「役立つと思われることをピンポイントで研究開発した結果」というより「出来ることを次々とやっていって、それを積み重ねた結果」であることが多いということです…。


つまり、一見「無駄」に見えるものであっても、それは決して無駄なものではない。ということ。
無駄に見えるのは、視野が狭いからである、と。


ものすごく単純なたとえ話ですが


パズルの1ピースだけを見て、それが何であるか、判別することができるかどうか?
少なくとも半分以上は組み合わせないと、それが何であるか、判別することは難しいでしょう。
殆どの凡人というのは、パズルの1ピースだけを見て「無駄」と投げ捨ててしまう。
後に天才とか呼ばれる人々は、こういった「無駄」を組み立てて、組み立てて、組み立てて…新しいものを完成させる。

まあそんな感じですね。
なんでもそうですが「積み重ね」が重要なのであって、現時点で役に立つかどうか、という問題ではない。それが「研究開発」では特に。


>「確かに素晴らしいが、最終目標はなんだ?」
>「愛玩犬のようなロボットではなく、役に立つものを作ったら」
>「福島原発で働いているアメリカロボットの手助けをしろ」

こういう「何かに役に…」という発想からは、新しい物は生まれにくい。
これが韓国人の一般的な見解なのだとしたら……技術面で日本に大きく遅れをとる理由も、わかる気がします。
まあ、現状は…日本でも、そういうのと同レベルの連中が与党にいたりしますけどね。。。


象徴的な話として…


現在韓国では、日本のあらゆる物に対して「韓国起源」を主張しています。
その中の一つに「盆栽」というのがありますが…


この盆栽、数十年前、韓国では、学者が


>植物を捻じ曲げる「盆栽」は、日本人の矮小性・歪曲性・残忍性の現れである。
>全然手を加えない韓国の庭園は、韓国人の大らかさや、物事をありのままに受け入れる感性を現している。

とかなんとか言ってたんだよね?
覚えてるかな、韓国の人?
(ちなみに、盆栽の本当の起源は古代中国だそうです。軽く1800年くらい前の話だそうな)


で、いざ「盆栽」が注目されはじめた途端、起源を主張しはじめたのだそうだ。
韓国起源説というのはネット上では有名な話なので、まあ興味のある方は調べてみてください。
あるいはこちらを参照→http://nandakorea.sakura.ne.jp/frame.html




…なんか未来が見える!



…いよいよ高性能化して、あらゆる分野で活躍しているASIMO…「ASIMOの起源は韓国!」とか主張している姿が!!



……いや、さすがに大袈裟か。




大袈裟だよね?
クリックお願いします↓
Blog Entry ランキングへ投票
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




【ツインテール】に関するアンケート実施中!
携帯ブラウザからも閲覧できます。


http://www.twintail.net/dic/question/index.php





【Twintail.Order】http://www.twintail.net/order/

【ツインテール名鑑】http://www.twintail.net/dic/



「ブラック★ロックシューター】http://www.twintail.net/dic/char__blackrockshooter.php

「吉川ちなつ」http://www.twintail.net/dic/char__yoshikawa_chinatu.php

「立花みほし」http://www.twintail.net/dic/char__tachibana_mihoshi.php

「長野原みお」http://www.twintail.net/dic/char__naganohara_mio.php