…さて。
選挙特番で「咲-saki-」がつぶれてしまうものの、日曜朝番組の「仮面ライダーディケイド」は、いつもどおり放映。
ワタシの視聴順は

30話 → 映画 → 31話

だった。
ディケイドの最終回に向けて、映画が関連するのでは、という思い込みもあって、先に映画を見てきた。
というかそんな前情報もあったような……

そして今日が最終回。
それでは、30話~31話をまとめて追っていきます。



タイトルが「ライダー大戦(序章)」(30話)だったこともあり、よくわかんないけどここは「ライダー大戦」の世界?

つい先週まで「あ~~ま~~~~~ぞ~~~~ん!」とか「俺は太陽の子!」とか、昭和チックで、かつ、いつものディケイドのパターンを繰り返していたところで

いきなりクライマックスに突入!

みたいな展開。
結局ここまで、士の記憶(生い立ち)、ディケイド/ディエンドの存在…いや、それ以前に、鳴滝とかいうおっさんと、第一話でしか出てこなかった「想像は破壊からしか生まれませんからね」とかいってた青年(多分キバの中の人?)と、その仲間の正体、目的など…
このあたりが、まったく展開されないまま最終章となってしまった感じ。
というか投げっぱなしの伏線多すぎ…どうやって終わらせるつもりだ?と、もうこの辺から不安でいっぱいだった。

しょっぱなから敵対して戦っているブレイドとキバ・・・一体なにがあったんだ。
というか、世界が融合して、キバとブレイドの世界が合体した、とかいう話なのかな…という想像はつくけれども、あまりにも単純だなおい(汗)

そして場所を変えて、キバ系のライダーと響鬼系のライダーもまた戦っている…
その理由は多分

「奴らを倒さなければ自分達の世界がきえてしまう」

ということなのだろうけど……ごめん、ワタシには、なんでそういう結論になるのかが思いつかない。

「本当の敵は大ショッカーではない」

とか言って突然現れたのは…あれ?ブレイドの中の人??オンドゥル星人??(≠ディケイドの中でのブレイド)
一体奴は何者だ…。
で、ココまで来て、鳴滝が突然ディケイドに擦り寄る

「大ショッカーを倒してくれ…」

って、結局こいつは何者なんだ(汗)
なんか突然の急展開についていけない。
鳴滝といえば、各所の世界で「ディケイドは世界を破壊する悪魔」とか振れ回っていた奴。
結局奴が何者か以前に、目的がなんだかよくわからん…。

そしてまあ、いろいろあって(ぉぃ)大ショッカーのアポロガイスト&ファンガイアの女王とやらの陣営を相手に立ち向かうディケイド、響鬼、キバ、ブレイド…。

「士に手出しする奴は…僕が倒す!」

と、ディケイドを支援する形で現れる海東(ディエンド)…。
…なんか、今まで、士の邪魔をすると宣言してみたり、敵対してみたりしたけど…こいつ一体なにがあったんだ(汗)

そして、アポロガイスト以外が全滅した後…

「世界よ…融合しろ!」

とかなんとか言ったところで突然姿が消えるブレイド、ギャレン……
なんだと?
…何が起こってるんだ?

「ついに始まったか……」

…と、オンドゥル星人の謎の人物。
(ここで30話終了)
(31話「世界の破壊者」

フタを開けてみるとこいつは…


「俺の名は剣崎カズマ……またの名を…仮面ライダーブレイド

「変身」


ブレイド?

あれ?じゃ、さっきのブレイドは…??
こいつ…謎の人物だったが、「仮面ライダーブレイド」の剣崎として出ていたのか…過去に放映していたのと同一のキャスト。
こいつがブレイドということは…今さっき「世界が融合」した影響で消えたと思われるブレイドは…これとは違うもの?

まさか…「ディケイドが旅した9つの世界のライダーは全部偽者みたいなもの」とかいう話じゃないだろうな?

で、このオンドゥル星人剣崎の姿は……おい、それはキングフォームじゃないか(汗)


ちなみに、原作の「仮面ライダーブレイド」では、「ターンアップ」による通常の変身でブレイドになり、そこから「ラウズアブソーバー」に「クイーン」のカードを差込み、「キング」のカードをラウズすることで「キングフォーム」になる。変身して一発でキングフォームになることはない。


そして「世界を救う」ために、ディケイドに立ち向かう。
…この辺でいろいろ出てきたのを見ている限りでは、どうも「ディケイドの存在が世界を融合させ、消滅させようとしている」ということか?
そこの意味がまったく分からないのだが……?
でもとにかく、そういう結論から、今度は響鬼、キバといった連中までもがディケイドに立ち向かっていく。

「ディケイドは世界の破壊者」

ということなのだろうか。
しかし最終的には、いろいろあって(ぉぃ)いつのまにかみんなが協力して、アポロガイストを…ここでようやく倒せる。
しかしここで場面が急展開。
突然、キバと響鬼がここで消滅!

そして…第一話でしか出てこなかった、例の男が突然姿を現す。

「僕の言葉を覚えていますか?」
「貴方は全ての仮面ライダーを破壊しなければならなかった」
「だが仲間にしてしまった…」
「それは、大きな過ちでした」


…なるほど。
最初から士=ディケイドは、彼にとっては、間違ったことをずっとし続けていたわけか。
…しかし、もう少し早くそれを言うことはできなかったのだろうか…。
今の今まで出てこなくて、旅を終えたところで、いきなりそんなこと言われてもな…(汗)

「今から僕の仲間が…貴方の旅を終わらせます……変身!」

と、「キバ」に変身。
あれ…こいつ、やっぱりキバだったのか。

そしてずらりと並ぶ、歴代の平成ライダー達。
その中には、すでに消えてしまったはずの「響鬼」もいる。
そして、先ほどの戦いで倒れたユウスケは、アルティメットクウガ(しかも目が黒い方)に変身。

……ライダー大戦か。

「来るなら来い!全てを破壊してやる!」

そして始まる「ライダー大戦」。
…ここには、ディケイドが旅して出会ったライダーは、もしかして一人もいないのか?
…いや、ユウスケが辛うじて違うか。それにしても……。

「ディケイドが全ての世界を滅ぼす…
全ての仮面ライダーを…そして、門矢士をも滅ぼすのだ!」


鳴滝さん…最後の最後まで意味不明だな…

そして最後の最後で再び登場したディエンドは…ディケイドに向けて銃を向け……

「ディケイドー!!」

と、夏海が叫んだところで終了。



…は?



……確か今日で最終回だよな?ディケイドって???



終わってねぇぇぇぇぇぇぇ!!




そして間髪いれずに、「映画」の宣伝。
それは、現在やっている映画ではなく…12月、新たに公開される映画。
つまり…


「続きは映画でね♪」


ということか。
そういうことなのか。
…一体なんだ、この行き当たりばったり感は(汗)
確かに…30話から突然クライマックスに入り、あのまま完了させるのは…とても難しいだろう。
まあ、大方、555のように、超駆け足で「世界が平和になった」で終わるのが関の山だろう。そう思っていた。
しかし、映画を見にいって、その映画の最後に…今年12月に、新たに「仮面ライダーディケイド」の映画がある、ということを知って…


「俺達の戦いは、まだこれからだ!」


といった感じの、まあ前作「仮面ライダーキバ」同様だけども、打ち切り感満載のエンディングを迎えるものだとワタシは思っていた。
…しかしこれは……TV放映での、とりあえずの終わりもなく…完全に、3ヵ月後の映画に丸投げ?!


…なかなか、思い切ったことをしてくれるもんだ(汗)


畜生……もうこうなったら、12月にまた見にいくしか・・・ないのかっ!
…どう笑っても泣いても、次回からは新シリーズ「仮面ライダーダブル」が始まる。
ちなみにこいつは、現在上映中の「オールライダーvs大ショッカー」にもちょこっと出てくる。
なんか、ベルトに、USBメモリみたいなのを差し込んで、パワーを得て、戦うみたいです。
今度はカードではなくなったか。
まあ、それは見てみてからまた判断するか…。


して…ブレイドの剣崎一真に続き、第一話に出てきたあの人も、「仮面ライダーキバ」での、キバの中の人だった…。当初は、「役者」という点で同じだっただけ、なんだけど、まさかキバとして出てきていたとは…。
となると…やっぱり、今までディケイドが旅してきた「9つのライダーの世界」ってのは、偽の世界のようなものなのか?
だからこそ、この「偽り」の世界にいるライダーを破壊(討伐?)していく必要があった?
しかしそれだと…ちょっとおかしくないか?
「世界の融合が進んだ」結果として、結局、ディケイドが旅した世界のうち、ブレイドとキバと響鬼の世界が消えたのだから、結果としては一緒だったんじゃ…
いやでも、もしかして、世界を巡って、ライダーを破壊していたら、「世界」そのものの消滅は防げた、ということなのだろうか?

しかし鳴滝は、それを妨害しようとしていた。

もしかして、鳴滝は…「ディケイドの中での」各種ライダーの世界を守る方向で考えていたのだろうか?
だとすると、「世界の崩壊」に対しての選択肢は


・破壊者「ディケイド」を倒して融合そのものを阻止する。
・ディケイド内での各ライダーを破壊して、融合後消滅するのを阻止する。



の、二択だったということなのかな?
前者の場合は「ディケイド内でのライダー」の世界を守ること(融合を阻止?)
後者の場合は「元ライダー達」の世界(=夏海達の世界?)を守ること
という意味合いで、その陣営にいたのが、前者には鳴滝、後者には「元ライダー」のキバの中の人だった、ということ…かなあ?

しかしそれだと…ディケイドはともかく、ディエンドって何のためにいたんだろう…(汗)
それ以前に、「ディケイド」が現れた理由と、「門矢士」が記憶喪失である理由、本来の生い立ちは…?


なんか展開が急すぎる上、いまいちはっきりしない物言いばっかりなので、良くわからなくなってきたなあ。
しかも「とりあえず」ですら終わらないし…(汗)
ひとまず、この先を知るには、12月13日に上映開始とかいう「映画」を見るしかないんだろうなあ。
しかし、元々、あの状態で、30、31の2回で完結させることは無茶だし、不可能といっていい。
そうやって無理矢理終わらせるくらいだったら…と考えると、まだマシといえるのかなあ……?


ちなみに、今回上映されている「オールライダーvs大ショッカー」は、TV本編とは完全に無関係だった。
ブレイドでの映画みたいに、完全なアナザーストーリーとして考えるべきだと思われます。

しかしこうなると…9つの世界はともかくとして、「RXの世界」や「アマゾンの世界」って完全に蛇足としか言いようがないような…(汗


↓文句言いながらもライダーが好きでずっと見続けている変人のためにクリックお願いします(ぉぃ
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
仮面ライダーディケイド VOL.1 [DVD]仮面ライダーディケイド VOL.2 [DVD]仮面ライダーディケイド Volume.3 [DVD]