トヨタは東京モーターショー2009に、小型FRスポーツコンセプト「FT-86 Concept(エフティー・ハチロク・コンセプト)」を出展する。

FT-86 Conceptは、08年4月にトヨタと富士重工業による共同開発が表明され、11年末に市場投入が目標のFRスポーツカーのコンセプトモデル。生産は富士重工業が担当し、トヨタとスバルの両ブランドで販売する予定だ。

エンジンは、スバルの伝統である水平対向4気筒自然吸気ガソリンエンジンを搭載、トランスミッションは6速MTだ。車名の86=ハチロクは、83年にトヨタが発売した小型FRスポーツカー、4代目「カローラ・レビン」「スプリンター・トレノ」の1.6Lモデルの車両型式番号「AE86」にちなんで名付けられている。

全長4160mmのコンパクトなボディー、水平対向エンジン搭載で低重心

ボディーサイズは全長4160×全幅1760×全高1260mm、ホイールベースは2540mmで乗車定員は4名。4代目カローラ・レビンの 4180×1625×1335mmでホイールベース2400mmと比べると、側面衝突安全性を高めるためか幅は広がっているが、全長は20mm短い。FR で2シーターのマツダ「ロードスター」が4020×1720×1255mm(ハードトップ)でホイールベース2330mmだから、2+2シーターの4人乗りクーペとしてはかなりコンパクトだ。

全高を低くできる水平対向エンジンのメリットを生かして、ボディーは低重心で空力特性が優れたもの。ドライビングポジションはレーシングカー感覚に仕立てられ、小型軽量のボディーをドライバーが意のままにコントロールできることを目指している。
Yahooニュース(TRENDYnet)
ハチロク復活! トヨタ、小型FRスポーツ「FT-86 Concept」
より抜粋

「痛いニュース(ノ∀`)」さま
ハチロク復活! トヨタ、小型FRスポーツ「FT-86 Concept」…水平対向4気筒NA、6速MT



国産スポーツカーが市場からほぼ消滅してしまって久しい…スポーツカー好きなワタシからしたら悲しいこの時代に、ようやく光が差してきた…!
しかもトヨタと富士重工の共同開発。
二社とも、過去には面白いスポーツカーを開発していたメーカーだけに、これは期待したい。

今年のモーターショーはどうしようか悩んでいたが…これで行く…行かざるを得ないっ……!

そんな理由ができました。

ボディサイズ: (全長)4160×(全幅)1760×(全高)1260(mm)
エンジン   : 水平対抗4気筒NA(2000cc)
駆動方式  : 後輪駆動(FR)
ミッション  : MT(6MT?)


参照:
【FT-86 Concept】詳細(TRENDYnet)

asahi.com
トヨタがコンセプトカー公開 東京モーターショーを前に


今のところ、分かるのはこのくらい?
水平対抗エンジンを載せて、しかもロードスターよりコンパクトな車…一体どんな車ができるんだろう。
しかしロードスターよりコンパクトになるボディで(車重がまだ分からないが)2.0のエンジンとなると、
ものすごい楽しそうなFRクーペができそうだなあ…いやー是非欲しい(ぉぃ

しかしハチロクのコンセプトだったら1.6くらいにならなかったかなあ…いや、ハチロクの頃で言う1.6Lってのは今の2.0Lくらいなのかなあ…ハチロクってボディ軽かったし。

しかしボディ見る限りでは、80スープラクラスのでかいボディを想像してしまうが…実物見るまではわからんなあこれは。

まだ、肝心の知りたい部分が分からないとかいう状態なので、今後の情報を期待しよう。


---------------------------------
6 : モズク:2009/10/06(火) 14:41:06.73 ID:LU+QnMcT
これがAE86の後継だと?
---------------------------------

まあ記事も勘違いしてるフシがありますが…
ハチロクの後継というよりは、「今の時代にハチロクみたいな車を作ったらこうなる」みたいな感覚なんだろうなあ、と思う。多分。
ハチロクをコンセプトとして作った車、ということだろうから。



そういや、アルテッツァとかもハチロクをコンセプトにして作って、さんざん色々言われていたような…(汗)

アルテッツァの二の舞にならないことを祈る(汗)

しかし中高年向けに300万以内か…。
ちょーっと高いかなあ…(汗)


↓せめて200万くらいにならんかなあ…と思う、ワタシと同じワープアな方はクリックお願いします。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン