アニメというものが「まんが映画」とか呼ばれていた時代から数十年が経過した。
その歴史は短くもなく…色々な作品が生まれ、そして消えていきました。

よくある勘違いが「昔は良作ばっかりだった」という奴。

その頃を「過去」としている今、上がってくる「過去の作品」の評価など、大抵は色眼鏡を通して観ているし、その「過去の作品」として語られるモノにしたって、その水面下では数多くの駄作に近いものが埋もれているものである。そして、アニメをとりまく状況、環境も今と昔は大きく違う。

だからこそ、今と過去は単純に比べることはできない。


…とはいえ、特にTV放映を中心とした「アニメ」の存在というのは、深夜系中心になってからは、明らかに、売り方といい、ターゲットとしている視聴者層といい、傾向が違ってきているのは事実かもしれません(それがいいか悪いか、というのはまた別の話)。
大体20年くらい前のアニメって、3ヶ月で終了するなんてほぼありえなかったし、あったとしてもソレは大抵「不人気による打ち切り」の結果だったりするしね…。


というわけで、ちょっと前の記事になるけど、そんな「アニメ」業界のお話。

JCASTニュース(2011/11/22)

───────────────────────────────
   世界中で大ヒットしたアニメ映画「攻殻機動隊」などの監督、押井守さん(60)が現在のアニメ作品について「オタクの消費財と化し表現の体をなしていない」と批判した。
   ネットではこの発言に納得する人もいるのだが、自分達の好きなアニメを批判していると感じたアニメファンは「押井こそオワコン(終わったコンテンツ)」などと押井さんに対する盛大な批判を展開している。
ほとんどのアニメはオタクの消費財と化した
   押井さんは1983年に劇場アニメ映画「うる星やつら オンリー・ユー」で監督デビューした。「機動警察パトレイバー」「攻殻機動隊(GHOST IN THE SHELL) 」「イノセンス」など数多くの作品をリリースしていて「攻殻機動隊」については95年にアメリカでホームビデオ週間売上1位を記録する快挙を遂げた。「マトリックス」など海外の映画にも多大な影響を与えている。
   朝日新聞は2011年11月21日付けの電子版コラム「アニマゲ丼」で、押井さんの東京芸術大学大学院映像研究科での講演(11月12日開催)を紹介した。講演で押井さんは
「僕の見る限り現在のアニメのほとんどはオタクの消費財と化し、コピーのコピーのコピーで『表現』の体をなしていない」
と語ったという。つまり、制作者には新たな創造性や、作品を通じて訴える思想的なものが欠如し、過去にヒットした作品の焼き直しばかり。例えば「萌え」が流行すればそうした作品ばかりになっている。また、今のアニメはオタクと呼ばれるファン層に媚びたものが多く、こうしたことから「表現」が制作者から無くなった、という批判だ。
   確かに11年9月から始まった20本近い新作テレビアニメを見ると、さえない男性主人公の周りに美少女が群がる「ハーレムアニメ」が驚くほど多く、過去にヒットした「ハーレムアニメ」作品と共通する内容がかなり多い。
宮崎駿監督も過去の作品のコピーに嘆いていた
   実は、過去のヒット作品を真似たものが増えていることについては、以前から警鐘が鳴らされていた。宮崎駿監督はベルリン国際映画祭で「千と千尋の神隠し」が金熊賞(グランプリ)を獲得した02年2月19日、記者会見を開き、記者から日本アニメの世界的な地位を質問されると、「日本アニメはどん底の状態」とし
「庵野が自分たちはコピー世代の最初と言っていたが、それより若いのはコピーのコピーだ。そうしたことで(アニメ業界が)どれだけ歪んでいて薄くなっているか」
などと答えている。庵野というのは大ヒットアニメ映画「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野秀明監督(51)のことだ。
   今回の押井さんの発言についてネットでは
「萌えクソアニメの乱発は誰が見ても異常」
「アニメ業界が飽和しすぎで、コピー品を粗製乱造しなきゃ回らなくなってる」
「売らなきゃ食っていけないからな。安定して売れるのがオタク向けの萌えやエロ」
などと納得する人もいるのだが、現在主流となっているアニメのファン達は、自分達の趣味趣向、好きなアニメを批判するのは許せない、と激しく反発。しかし理論で立ち向かえないからなのか
「押井のアニメくそつまんねーんだよ」
「押井も信者向けの消費財じゃん」
などといった作品批判や、人格批判へと発展し、大混乱となっている。
───────────────────────────────




…なるほど。
押井守という人物をワタシは詳しく知らないが…

Wikipediaを見る限りでは、相当長い経歴を持つ、現在も一応活躍中の方らしいですね。

【参照】Wikipedia:押井守


まあ、ワタシは、この方の関わってる作品って殆ど観てないからかな。よく知らないのは。

しかしだ。


>「オタクの消費財と化し表現の体をなしていない」

こんなのは何も今に始まったことではないし。
もう20年以上前から、特にTVアニメなんてのは「関連商品を売るためのコマーシャル」的な存在だったわけで。
まああのころのターゲットは「子供」だったけど…それ今は「青年以上を中心としたヲタ」になっただけで、結局は「関連商品を売るためのコマーシャル」という意味では何も変わってない気がしますが。

業界全体のことが分かるわけではないので、ワタシ的な視点で言ってるのみですが…

「アニメ」=子供が見るもの、という時代は、多分1990年代が最後だったんじゃないかなあ。
まだ「オタク」などという呼称もなかった時代だけど(多分、オタクという言葉ができたのは宮崎捏造事件(1989年)以後じゃないかな・・?)、当時は「ファンジン」とか、単純に「マニア」なんて呼ばれてましたかな。よく覚えてないけど。

それでも、当時すでに「アニメイト」みたいな場所があったこと、そして、休日になるとこの店舗が、入場制限をかけられるほどに盛況だったことを考えると、もうこの当時からそれなりの人口で「青年以上のアニメファン」というのは存在したのでしょう。
しかし、そういう頃の(子供以外の)アニメファンと、現在の、深夜アニメ系中心の「自称ヲタ」との間には、どうやら、割と大きな溝が存在するようです。


それは「子供向けアニメを見る青年ファン」「青年向けに作られた深夜アニメを見る青年ファン」という違いだと思うんです。


その溝は、思ったより深いみたいです。
…まあそれはおいといて。


そして、現在でも細々と続いている「子供向けアニメ」と、深夜放映を中心とした「青年向けアニメ」では、大きな違いとして「放映期間」というのがありますね。
深夜系というのは、長くても半年ほど。大抵は3ヶ月で終了。
しかし子供向けアニメというのは、1シーズンが1年なので、一度始まったら、基本的には来年まで続く。

そういう意味では、深夜アニメというものがなかった時代に比べたら、「1つの作品を短期間で消費」という「消費財」という見方はできるのかもしれません。

だけど、長いか短いかの違いだけで、特にTVアニメだけを考えるなら「アニメ=関連商品を売るためのコマーシャル」という部分だけは、昔から何も変わってはいません。その生産ペースが早くなっただけの話で。

結局事情は、関連商品を売るスポンサーにかかってくるわけです。基本的に「無料で放映」しているアニメは、スポンサーが納得してくれなければ放映どころか、そもそも製作すらできませんから。
そして、そのスポンサーを説得するのに一番簡単な方法はといえば、まあ、人気作品の真似とか、各種人気作品のアニメ化など、ですよね。

昔よりはるかに市場も広く、世間からの注目度もある程度あって、なおかつ製作会社も多く、競争率が激しい現在ですから…まだまだ市場が成長段階で、また「所詮は子供向けだから」と、日陰産業ゆえに多少の失敗に目をつぶっていられた昔とは、状況が全く違うのです。

まあこういうパターンは多いですけどね……

昔は日陰業界だったから若い頃はさんざん好き勝手やっていける環境で、あくまで日陰業界の日陰人間だった連中が…時が経つにつれて一躍有名な人気業界になってしまったが故に、現在神扱いされている、というパターン。

そして、残念なことに、ここから老害化していくという…

確かに、なんか似たようなモノが多いと感じるかもしれないが…
だからといって


>僕の見る限り現在のアニメのほとんどはオタクの消費財と化し、コピーのコピーのコピーで『表現』の体をなしていない

これはちょっと言いすぎ。
大体、「何かヒット作が生まれると、そのコピーみたいな作品が沢山生まれる」なんてのは、それこそ今に始まったことではないし、もっと言うと、それはアニメどころか、物語の世界に限った話ではない。

その時代に何か、「無難な路線」が決まると、みんなそれにすがりつくのは当然といえば当然でしょう。
アニメだって商売なのだから、ある程度売れなきゃ喰っていけない。
それに加え、ただでさえ、長期にわたる不況…無駄なもん多量に作ってもなんとかなったから好きなモノを作れていたバブル時代とはワケが違います。


まあ…もう過去の人なのでしょうから。

おそらくは、今の、アニメや漫画を始めとするエンターテイメント業界の流れを、理解できていないのかもしれませんね。


この方が言うように『表現』の体をなしている作品をもし作ったとしても、作品としての評価が高くても、関連商品が売れなければ業界としては駄作なんですよね。

…こういうことを言ってると、作品としての評価だけは高かったけど、売上は最悪だった「明日のナージャ」とか…アニメではないけど、視聴率は殆ど取れていないのに関連商品の売上は歴代でかなり高かった「仮面ライダー電王」なんかを思い出してしまうけど…。



先ほども申したように、結局は、スポンサーが儲かるかどうか。
特にTV放映のアニメともなると、それが第一であって、作品が名作かどうか『表現』の体をなしているかどうかなんてのは二の次なんですよね。


仮にこういう方々の評価が高かったとしても、売上が伸びなければ生きていけません。
そういう意味では、製作側の人間の評価など、ぶっちゃけるとどうでもいいましてや老害のヨタ話なd
観ている視聴者側だって、作品の表現云々などという話よりも、とにかく「面白い」作品を求めているワケです。コピーかどうか、オリジナリティがどうか、表現がどうかなんて必要以上に気にしているのは、精々、製作側の人間か、一部の熱狂的なファンくらいなものなのですから。

そしてそういう連中の「評価」というものは、売上にはつながらないなんてことは珍しくもありません。


>「売らなきゃ食っていけないからな。安定して売れるのがオタク向けの萌えやエロ」

まあ結局はそういうことなんだと思います。
アニメ業界だって、儲けられなければ喰っていけない。
その中で、冒険する余裕もないとなれば、安定して売れる題材を選んでいくのは仕方のないことなのかな。とも思います。

まあワタシも…アニメに限らず、ゲームや漫画の世界でも「需要に対して供給過多」だとは思いますけどね。

そのために、不毛な競争が始まっているのは事実かもしれません。
…だから、バブル時代でカネが泡のように発生していた時代とは全く違います。
売れるか売れないか、というシビアな目線でやっていかなければなりません。「売れるかどうかわからないけど一発勝負」などということは軽々しくできる時代ではないわけですから…。


>庵野が自分たちはコピー世代の最初と言っていたが、それより若いのはコピーのコピーだ。そうしたことで(アニメ業界が)どれだけ歪んでいて薄くなっているか

などと申している宮崎駿氏もそうだけど。
なんといってもこの方々が若かった頃とは、現在は違いすぎてる。
積み重ねられたネームバリューがあれば、大体何をやっても許されるし、若い頃だって割とやり放題だった時代を過ごして来た人々と、現在の苦しい状況でなんとかやっている若い人を、同一に見ることはできない。
その業界が好きで、薄給でも頑張ってなんとか這い上がろうとしている人たちに対して「ゆがんでる」とかいうのはどうなんだろうね?
今の業界の若い人たちは、失敗は許されないシビアな世界で生きているのだから。
もういい年なのに、後発を育てる気すらない、業界そのものを後押しするつもりすらないような人々に、そんなこと言う資格はないと思いますけどね。

まあこの点は、何もアニメ業界に限りません。

政治の世界だってそうだし。

国の最高機関ですらそんな状態なんだから、まあ仕方ないのかもしれませんね。
老害が牛耳って、しかもそこからなかなか離れようとしない。そういう意味では「歪んで薄くなっている」のかもしれませんね。
自分の領域はがっちり離さない癖に、若い連中には自分でなんとかしろと…


若い世代からしたら、こういう連中は、そこにいるだけで邪魔なものですが…業界全体を後押しする気が全くないのなら、せめて、よけーなコトは発言しないで黙っててほしいものです。


まあ、こういうのは、表に出てこないだけで、漫画やゲームの世界にも沢山いますけどね。



結局のところつまり…こういったものは…

死ぬのを待っているようなご老体が、暇つぶしついでに、「最近の若い者は…」とか言ってるのと大差ないということを、ご理解いただきたく存じます。


頭の固い老人の話に一々耳を傾ける必要なんてないですよ。
口が動く間だけなんだから、言わせておけばいいんです。


どうかこんなヨタ話は気にせず、若いクリエイターな方々は、自らの信じた道を進んでいってほしいものです。





ご老体から文句を言われ続けるくらいがちょうどいいのかも。
クリックお願いします↓
Blog Entry ランキングへ投票
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




【ツインテール】に関するアンケート実施中!
携帯ブラウザからも閲覧できます。


http://www.twintail.net/dic/question/index.php





【Twintail.Order】http://www.twintail.net/order/

【ツインテール名鑑】http://www.twintail.net/dic/



「ブラック★ロックシューター】http://www.twintail.net/dic/char__blackrockshooter.php

「吉川ちなつ」http://www.twintail.net/dic/char__yoshikawa_chinatu.php

「立花みほし」http://www.twintail.net/dic/char__tachibana_mihoshi.php

「長野原みお」http://www.twintail.net/dic/char__naganohara_mio.php