なにかとネット上で話題になりやすい「婚活」ですが。
まあ、どれだけ盛り上がってるのかは知らないけど、いつでもカネをおろせるATMカネだけあって留守がいい亭主が欲しいオヴァさま女子(笑)と、その懐をアテにする業者という構図なのかもしれませんね。まあ実際のところはどうだか分かりませんが、ネットでの話題を見ている限りでは、女性率のほうが圧倒的に高いようです。

そこで。

今回は「自ら婚活」していながら、それをネタにして一儲けしているであろう方のお話。
まあ、「婚活サークルのイベント代表」でありながら自らも婚活中、などというパターンもありますが、今回は、それとは違ったパターンです。

SPA(2011/11/30)
─────────────────────────────────────
「婚活中の30~40代男性って、ほんと“珍獣”が多いんですよ!」

 と息巻くのは、運命の出会いを求めて日夜婚活を続ける中村純子さん。自身の体験を基にしたコミックエッセイ『あらゆる婚活してみました』の著書である。お見合いパーティ、シングルズバー、オフ会、料理婚活など、あらゆる婚活場に顔を出している中村さんが出会った、モテない男たちとの実態を伺った。

「私が参加する30、40代の婚活では、若い方の婚活に比べると結婚の前提度合いがとても強いのですが、いきなり自分の結婚観を押し付けてくる男性は論外です」

 共働きせざるを得ない若年層の婚活に比べ、30~40代の婚活は意外にも「家事をしてくれる嫁が欲しい」と望む男性が多い。

「あとは、会話が下手な人はダメですね。全く話さないのもダメですが、自分の話ばかりされても女性はつまらない。会話は内容も量も加減が大事です。コミュニケーション能力が低い男性が多いんですよ。たまに明るくて面白いなと思うとバツイチだったり。それなりに理由はあります。清潔感がなくて体臭がひどい人は勘弁です!」

 手厳しく男性にダメ出しを続ける中村さんだが、これまで出会った男性と重ねたデートは最高で3回まで。理想に叶った男性はなかなか現れないようだ。

「恋愛は二の次。一緒に住める人を見つけたい」

 と語る中村さんは、いまだ結婚への旅路を歩み続けている。

<婚活でモテない男ランキング>

1位:いきなり結婚観を押しつける男

2位:奥手で口下手or自分の話しかしない男

3位:友達としても無理な服装や体臭の男

【中村純子氏】
漫画家アシスタント13年目。コミックエッセイ『あらゆる婚活してみました』(草思社刊)にて、自身の婚活を振り返る。近著に『プチ菜園生活のすすめ』(ディスカヴァー21刊)
─────────────────────────────────────

>「婚活中の30~40代男性って、ほんと“珍獣”が多いんですよ!」

うわお、いきなりひでぇ。


>自身の体験を基にしたコミックエッセイ『あらゆる婚活してみました』の著書である。

で、そういうのをネタにして一儲けしてるわけだ。
…本当に結婚する気あるのかね、この人?




>あとは、会話が下手な人はダメですね。全く話さないのもダメですが、自分の話ばかりされても女性はつまらない。

自分の話ばっかりされたってつまらないのも、何も男→女に限った話ではない。
まあ大体、自分のことばっかりマシンガントークしてくる奴というのは、だんだん周囲に友達が少なくなっていくものですからなあ。
…というように、重要なのは、言葉のキャッチボールができるかどうか、にかかってるんだよね。
ずーっと聞き手に回ってると眠くなってくるしな。うん。


>会話は内容も量も加減が大事です。コミュニケーション能力が低い男性が多いんですよ。たまに明るくて面白いなと思うとバツイチだったり。それなりに理由はあります。

一方的に責任を男の方に押し付けてるみたいだけど、肝心な自分自身はどうなんですかね?
それと、本当にコミュニケーション能力だけの問題なのでしょうか?

もしかしたら「とっとと話終らせたいからてきとーにあしらってる」だけかもしれませんね。

状況がよく分からないので、何ともいえないけど。



それにしても、随分と上から目線な発言をする方ですな。
男に手厳しく文句言うのは結構なことだけど、「婚活」という観点では、そういう連中と自分が同じ立場だという自覚はあるのだろうか?
しかもソレをネタにして一儲けしてるような人の言う台詞かそれは。

個人データは非公開のようなのでわからないけど、推測するに


>漫画家アシスタント13年目。

ってことはほぼ間違いなく30代中盤くらいでしょうから。
学生からすぐに漫画業界にいるのであればね(その前は社会人だったとかいうのなら40代に足突っ込んでる可能性もあるけど)
これ見て、漫画業界に明るくない人から見たら、疑問に思うのではないでしょうか?


Q1「アシスタント13年?漫画家にはならんの?それともなれないの?」
Q2「アシスタントだけで13年も暮らしていけるの?」

…という具合の疑問が。

少しでも漫画業界に触れた人なら、多分分かると思うけど。
答えは極めてシンプル。

Q1.ならないんだと思います。アシ続けてる方がずっと安定するし、儲かるから。
Q2.暮らすだけなら下手に漫画家でビューするより楽です。



アシの立場から見れば、それが容易に分かる。


下手に漫画家デビューしてしまうと、下手するとアシ時代より収入が不安定かつ低下します。
中堅どころのプロですら、漫画家って原稿料だけじゃとても食っていけない、なんてのが結構多いんですよ。

原稿料は、まあ出版社によって多少の違いはありますが、大体ストーリー30pで、新人だと1p7000円くらいかな?そうすると月収は…

7000×30(p)=210,000円

月刊誌で大体こんなもんかな?
週刊誌だと大体、24pくらいだから、

7000×24(p)=168,000円

それが4回で月収は…

168,000×4=672,000円

というのを見ていると

「週で17万くらい、月68万なら楽勝じゃん!」

と思うかもしれませんが、そう甘くはありません。週刊と月刊では、原稿製作にかかる費用が大きく違います。
なぜなら…週刊だと、20~30pの原稿を、大体4,5日のスケジュールで仕上げないとなりません。
そんなもん、一人でやるなんて無茶です。
だから、当然、アシスタントを雇うことになる。
ワタシがいた場では、大体…

月 (発案:アイデアを練る)アシ0
火 (構成:ネーム切り/編集者と相談)アシ0
水 (下書き~ペン入れ)アシ1
木 (ペン入れ~ゴムかけ、ベタ、ホワイト)アシ3
金 (トーン貼り~仕上げ)アシ3~4
土 入稿
日 予備日(唯一の休みだが、だいたいつぶれる)

こんな感じで、大体週に、7~8人分のアシを必要としていた。
スケジュールが押しているような時は、さらに増える(アイデアが1日で出なかった場合とかね)。
当然、アシを使った分、日当を払うことになる訳だけど、相場としては、大体1日1万。
しかも、食事は大体漫画家先生持ちという前提(10年くらい前の話だから、今は違うかもしれないけど)
食費が一人につき2食、2000円くらい計上すると、1日1回1万2千円。
上記の計算だと、アシ代が大体週に84000円~96000円かかることになる。
これが4週で38万~40万。臨時でアシ入れたりなんかすると50万超えることもあり。
その上家賃(最大で4,5人入れるくらいの部屋代)、光熱費、交通費、ついでに消耗品代(インク、原稿用紙、トーン、その他紙代)などなど…

なんて払ってたら、自分の手元にいくら残りますかね?

下手すると赤字になりかねないのは、見てて分かると思うんです。

ただ、単行本が出て、売れてくれると、話はだいぶ違ってきます。
最低単位の1万部発行でも、印税が大体数十万は入ってくるので……まあなんだ、「損失補てん」にあてられます。


…売れればね。


週刊連載なら、まず確実に単行本化するし、単行本化のペースも早いが、月刊とかだと、下手すると単行本になる前に(略)などということも充分にありえる。


しかも課せられる責任は重大。
保証の福利厚生もなし(休載なんかしたらその期間分、収入が止まります)。
原稿遅らせたりなんかしたら、編集部まで連行されますよ(半分マジ。当然、終るまで帰れない)。



…それと比較し、アシスタントはどうだろう?
大体固定で、日給1万(優秀で経験豊富ならば1.5万くらい)
しかも食事支給。場所によっては交通費も出る。
専属アシでもない限りは、自分の分が終ったらとっとと帰ってもOK。責任もなし。

通常のバイトと比べても、金銭的な待遇は悪くないでしょう。

これを、複数の漫画家先生のところでやってれば、週5日稼動で20万~30万。

食事支給、責任なしのフリーターとしては悪くない稼ぎではないですかね?
一人暮らしだったら充分にやっていける金額でしょう。


仕事は下手すると深夜~朝までコースだけど、漫画家先生と違って、消耗品やアシにカネを払う側ではないから、貯金も可能。親元だったら更に楽でしょう。
まあ大体、キャリア5年以上の通称「プロアシ」だと…見てればわかるのだけど、下手な漫画家先生よりもいい暮らしをしています。


漫画家のアシスタントって、はるか昔は、「漫画家の弟子」という立場だったけど、今は立派な職業といっていいでしょう。
漫画家先生の家に住み込んで、先生の身の回りの世話もしているアシスタントなんてのは、現在では殆どいません。



漫画家志望の方々に対する忠告でもあります…
…年収800万以上のの売れっ子になれる漫画家なんて、500人に1人居ればいい方、といわれています。
大体の漫画家先生は、原稿料だけじゃやっていけないので、他に仕事を入れていたりします(所謂「兼業漫画家」)

しかも連載なんていつ終るか分からないし。
雑誌の都合(方向性が変わった≒編集長が変わった)で、いきなりばっさり斬られることも珍しくありません。
(当然だけど、その際の保証などは一切なし)


…それでも、漫画家を目指したいという、投稿を続けてる方々へ、ちょっとしたアドバイスを。

かなりぶっちゃけて言うと、雑誌の編集部が求めているのは、自分が面白いと思えて、雑誌の作風に合っていて、なおかつ「期日までにしっかり間に合う作品」です。その上で名作なら尚良し。
そのため…よほどの運に恵まれない限りは、一発でデビューなんてまずありません。宝くじを当てる確率の方がまだ高いのではないだろうか?
デビューをしたいのなら、まずは、その雑誌がどんな作風なのかを読み取り、それに合った作品を、一ヶ月~2ヶ月1本くらいのペースで投稿し続けること(=一作に時間をかけすぎない)です。絵が上手い奴なんてのは、今の時代は星の数くらいいるから、ちょっと上手いくらいじゃもう目にも留まりません。

とにかく「数を描く」こと、それから「第一の読者である編集者が面白いと思えるもの」を…!

○○先生のような名作を…とか、ヘンな亡霊にとりつかれないように気をつけてくださいね。
そんなものより編集者の言うことをよく聴く。そうしないとデビューはどんどん遠のきます。

間違っても、「自分の好きな作品♪」にばっかり拘らないように。
好きなように描きたいのなら同人に身を投じる方がいいでしょう。



…えと、話が思いっきり反れたので、そろそろ元に戻します(汗)



…まあそれでも、13年も続けてるってのは、随分と長いなあ…とは思うけど、この方は、すでに「婚活」ネタで漫画描いてるんだから、アシスタントというより漫画家先生なんだろうなあ。
考え方が上から目線で、しかも、よくもまあそんなに小言が出てくるもんだなぁ…というあたりは、漫画業界歴が長い漫画家先生らしいといえばらしいですが…


>「恋愛は二の次。一緒に住める人を見つけたい」

ステップの3段抜かしくらいを考えているわけだ。
っていうか、恋愛感情ももてないような人と一緒に暮らせるとでも?
恋愛感情を持っていたって、一緒に暮らし始めた途端、急速に仲が悪くなることだって珍しくないのに?

一体「結婚」に何を求めてるんですかね?年収?

結婚して同居するということは、一心同体もしくは運命共同体になったと考えると分かりやすいかもしれません。
大体、1ヶ月も一緒に暮らせば、相手の嫌な部分も見えてくることでしょう。そして自分の欠点もね。
そういうのを許容しながら、直していきながら、一心同体に近づいていく。これには想像以上に長い時間がかかります。 
自分の時間が最も大事で、誰にも束縛されたくないのであれば結婚なんて考えないことです。


…まあ、漫画のネタ拾いのためにコンカツしてるだけですよね?
現状ではそのようにしか見えない…。


>1位:いきなり結婚観を押しつける男
>2位:奥手で口下手or自分の話しかしない男
>3位:友達としても無理な服装や体臭の男

こんな女子中学生や女子高校生みたいなこと言ってるようでは、結婚なんて考えてるとはとても思えない訳です。


…と、思えてしまう「奥手で口下手」な既婚者の意見。





っていうか、関係ない話が大半ですね、申し訳なし(汗)

珍獣が多い、とかいってるこの方も充分「珍獣」の素質あると思います。
クリックお願いします↓
Blog Entry ランキングへ投票
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


あらゆる婚活してみました (彼氏いない歴20年のオタ女ですが) ゼロからはじめる婚活入門!



【ツインテール】に関するアンケート実施中!
携帯ブラウザからも閲覧できます。


http://www.twintail.net/dic/question/index.php





【Twintail.Order】http://www.twintail.net/order/

【ツインテール名鑑】http://www.twintail.net/dic/



「ブラック★ロックシューター】http://www.twintail.net/dic/char__blackrockshooter.php

「吉川ちなつ」http://www.twintail.net/dic/char__yoshikawa_chinatu.php

「立花みほし」http://www.twintail.net/dic/char__tachibana_mihoshi.php

「長野原みお」http://www.twintail.net/dic/char__naganohara_mio.php