NEWSポストセブン(2011/12/20)
──────────────────────────────────
 『島耕作』シリーズで知られる漫画家・弘兼憲史氏や、作家の東野圭吾氏、『北斗の拳』の原作などで知られる武論尊氏らが2011年12月20日、書籍をスキャンして電子ファイルを作成するいわゆるスキャン業者2社に対し、行為差し止めを求める訴えを東京地方裁判所に提起した。漫画や書籍のスキャンは、インターネット上で「自炊」とも言われるが、原告らは「自炊は代行し得るものなのか疑問」として、「自炊代行業者」ではなく「スキャン業者」と呼んでいる。
 被告となったのは「スキャンボックス」(有限会社愛宕)、「スキャン×BANK」(スキャン×BANK株式会社)の2社。原告側によると、昨年初頭には数社だったスキャン業者は今年9月に約100社になるほど増加している。また、スキャンするために裁断された書籍がYahoo!オークションなどで販売されている現状もあり、弘兼氏ら原告団は
「『自炊』は著作権法上の『私的複製』として認められていますが、専門業者による(まして大規模な)その代行は私的複製では到底ゆるされない」
として、訴えを起こした。訴えはスキャン行為の差し止めを求めるもので、損害賠償の請求は行っていない。
 会見で、「日本国内で電子書籍がちゃんと流通していれば、こうした事態にならないならずに済んだのではという見方もあると思うが、作家の皆さんはどのようにお考えか」との質問がなされると、「電子書籍での出版を認めてない」という作家の東野圭吾氏は、
「『電子書籍を出さないからスキャンするんだ』という業者にはこう言いたい。『売ってないから盗むんだ』、こんな言い分は通らない」
と、憤りをあらわにした。
──────────────────────────────────

>また、スキャンするために裁断された書籍がYahoo!オークションなどで販売されている現状もあり、弘兼氏ら原告団は
>「『自炊』は著作権法上の『私的複製』として認められていますが、専門業者による(まして大規模な)その代行は私的複製では到底ゆるされない」

えーと、ちょっと待って?
……なんか論点が完全にズレてるような気がするんだけど。
それこそ「規制は悪」だと決め付けて成人向け漫画の「規制そのもの」に反対している連中と大差ないような気がする。

「自炊」と言われるとなんだかよく分からないかもしれないので…

ではそもそも「自炊」とはなんなのか?




──────────────────────────────────
電子書籍に関する自炊(じすい)とは、書籍や雑誌を裁断機で切断しイメージスキャナ使ってデジタルデータに変換する行為を指す言葉[1]。 また、自分では器材を揃えず書籍電子化を他人である業者に依頼することを「自炊代行」[2]、「スキャン代行」[3]と呼ぶ。
もともとはP2Pソフトウェアで不特定多数に配布する(当然著作権侵害)目的で書籍を自身でスキャンしてデジタルデータ化するというネットスラングだった。
──────────────────────────────────
Wikipediaより。

つまり「自炊」というのは、手動による書籍のデジタルデータ化のこと。
自分で持ってる本をスキャンしてOCRで文字認識をしたうえでPDF化するとか、そんな感じのこと。
まあ、データ化ということですよね。
目的は、おそらくは、スマートフォンやタブレットPCで扱えるようにするためでしょう。


>もともとはP2Pソフトウェアで不特定多数に配布する(当然著作権侵害)目的で書籍を自身でスキャンしてデジタルデータ化するというネットスラングだった。

…どうも、この辺が話しをややこしくしているのではないかと推測。
少なくとも、ココで言う「自炊」というのは、配布目的ではなく、自分の持っている書籍をデータとして扱うという目的で行われているものなのだろう。


まあもっとも…データ化したものをどう使うかは、その持っている本人に委ねられる訳だけど…


しかし、この「自炊代行」とかいうモノは、調べてみた限りでは、データ化する書籍そのものは依頼者が用意する。
つまり、自身で所持している書籍をデータ化するのだから、これは別に著作権侵害には当たらないはず。


ちなみに、「自炊」というデータ化を行う際、基本的には、書籍は背表紙部分から裁断され、ページごとにばらばらにしてからスキャンするらしい。
…そういや、「自炊」用の裁断機とか最近売っていたような…。

つまり、書籍をページごとにバラバラにし、それを1枚1枚スキャンし、OCRにかけてある程度テキスト化する(検索に引っかかるようにするためにPDFに文字を埋め込むらしい)。

…これ、一冊だけでも結構大変な作業だというのはよく分かると思います。

機材なしで書籍を裁断するのはかなり難しい。
その上で一枚一枚スキャンしていくのは大変だ。
専用の機材は売っているが、書籍を全部電子化してしまったらもう不要なものだろうから…これを自前で買って作業時間をかけるくらいなら、代行業者に投げたくなる気持ちもわかるかも。
1冊や2冊ならまだしも、100冊や200冊もあったら、この作業だけで年単位で時間がかかる可能性もあるし。


まあだからこそ、100社にも及ぶ代行業者があるのだろうけどね。


>専門業者による(まして大規模な)その代行は私的複製では到底ゆるされない

というのが、著作権保持者側の主張らしい。
しかしだ…


──────────────────────────────────
第五款 著作権の制限
(私的使用のための複製)

第三十条 著作権の目的となつている著作物(以下この款において単に「著作物」という。)は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる。

  一 公衆の使用に供することを目的として設置されている自動複製機器(複製の機能を有し、これに関する装置の全部又は主要な部分が自動化されている機器をいう。)を用いて複製する場合

  二 技術的保護手段の回避(技術的保護手段に用いられている信号の除去又は改変(記録又は送信の方式の変換に伴う技術的な制約による除去又は改変を除く。)を行うことにより、当該技術的保護手段によつて防止される行為を可能とし、又は当該技術的保護手段によつて抑止される行為の結果に障害を生じないようにすることをいう。第百二十条の二第一号及び第二号において同じ。)により可能となり、又はその結果に障害が生じないようになつた複製を、その事実を知りながら行う場合

  三 著作権を侵害する自動公衆送信(国外で行われる自動公衆送信であつて、国内で行われたとしたならば著作権の侵害となるべきものを含む。)を受信して行うデジタル方式の録音又は録画を、その事実を知りながら行う場合

2 私的使用を目的として、デジタル方式の録音又は録画の機能を有する機器(放送の業務のための特別の性能その他の私的使用に通常供されない特別の性能を有するもの及び録音機能付きの電話機その他の本来の機能に附属する機能として録音又は録画の機能を有するものを除く。)であつて政令で定めるものにより、当該機器によるデジタル方式の録音又は録画の用に供される記録媒体であつて政令で定めるものに録音又は録画を行う者は、相当な額の補償金を著作権者に支払わなければならない。
──────────────────────────────────
「著作権法」より引用

ここを見ている限りでは…
代行業者というのは、第三十条の一~三のどれにも該当しないような気がするんだけど…?

だって、代行業者というのは、あくまで「代行」であって、そのデータ、もしくは裁断した書籍を別に売却したりしてるわけじゃないんですよね?

だとしたら、データ化までは、私的使用の範疇を出ないような気がするんだけど、どうなんだろう?

だって、依頼者が、業者に払っているお金は「手間賃」ですよね?

依頼を受けた、データ化した書籍を、業者が別に売り出したりしてるんだとしたら確かに著作権侵害になるけど、そうでないのだとしたら…そこに著作権保持者が介入する余地なんてあるのだろうか?


で、もっとも分からないのが…


そもそも、この件に関して、著作権保持者は、一体どんな被害を受けたというのだろうか?


どんな被害があって、代行を差し止めするんだろう?


もしかして


「データ化=不正コピー」


だと思ってるのだろうか?

実際、業者からデータが流出して、とかいうのなら話はわかるのだけど、そういう事実はないわけですよね?
だとしたら、これって酷い言いがかりだと思うのです。

流出する「可能性がある」から?

可能性だけで、実際の被害もろくに証明されてないのにその仕事やめろと?



気に食わないから?



ちょっと、意味が分からない。


>スキャンするために裁断された書籍がYahoo!オークションなどで販売されている現状もあり

…これって「自炊代行業者」が販売してたってこと?
だとしたら確かに問題だけど…

裁断された書籍を「その書籍を買った個人」が売ってるのだとしたら、それは別に問題ないですよね?

っていうかどっちなんだろう。この記事だとよくわからない(汗)



うーん。


一体何が問題なんだか、よくわからん。


「自炊なら自分でやれ!そんなの外に投げて業者を儲けさせるな!」


ということかな?


もしそれだけなんだとしたら、ただのやっかみ、言いがかりにしか聞こえないけどなあ。。。


まあどちらにしても



>「『電子書籍を出さないからスキャンするんだ』という業者にはこう言いたい。『売ってないから盗むんだ』、こんな言い分は通らない」

これはないわー。

『電子書籍を出さないから自ら電子化』しようとする個人まで「盗人」扱いなの?

『電子書籍を出さないからスキャンする』


『売ってないから盗む』

が、全くつながりません。

まあつまり、この人の頭の中では「データ化=不正コピー」なのだろう。

あくまで、この人の頭の中ではね。



…まったくもって意味不明だが。



代行業者がなくなって、困る人って業者と依頼者だけなんだろうか?
クリックお願します↓
Blog Entry ランキングへ投票
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106 電子ブック自炊完全マニュアル FUJITSU ScanSnap S1500 Acrobat X 標準添付 FI-S1500-A