近頃、いわゆる「自炊」の話がやや盛り上がってるようですが。
これもまた、「児童ポルノ」関連と同じく、文句を言うところがかなり分散しているようにも思えます。
…話を混乱させるために、わざとやってるんじゃないかと思うくらい。

しかしだ…


BLOGOS(2011/12/25)

…ものすごく長ったらしい上、読んでて疲れる文書なので、全文掲載するのはやめます。
興味のある方はリンク先をご覧下さい。

──────────────────────────────────
マンガ家の佐藤秀峰さんが、最近話題の自炊代行について、ご自身のブログに記事を書かれています。

この中で、佐藤さんは自炊代行を巡る一連の議論を取りあげながら、ご自身の「本」や「マンガ」への考え方を述べられています。

その、佐藤さんの本やマンガへの考え方について、いくつか違和感を覚えたので、ここに書きとめておきます。

>ですが、本は購入した方の所有物ですから、破こうと捨てようと作家は口出しできる立場にはありません。

本は、購入した人の所有物ではありません。そもそも、太陽とか土とか水でできた紙を使ってできた本を、数百円払ったくらいで「所有」しているという考え方がおこがましい。

当たり前ですが、本でも何でも、一個人の完全な所有物となるものなんて、この世にはありません。「物」は、言うならばこの世界そのものの「所有物」であり、人間にとってはむしろ「借り物」という方が近いです。今認められているいわゆる「所有権」とは、その「借り物」の処遇について、他の者よりも比較的多く決められる権利――くらいの意味しかないのです。

ですから、当たり前ですが、それを破いたり捨てたりしたら、作家のみならず、誰でも、この世界そのものの一員として(一部として)、それを咎め立てすることができます。と言うより、咎め立てするべきです。

それは、権利と言うよりは、この世界そのものの一員としての責任です。ぼくは、誰が持っている本であっても、その持ち方や使い方を誤っている人がいれば、行って「誤っている」と勇気を持って指摘してきたいと考えています。

>なぜ読者は、購入した本の使い道までを、作家に指示されなくてはならないのでしょうか。
>購入した本は購入者の物で、楽しみ方は自由なはずです。

上記でも述べましたが、購入した本の使い道は購入者の自由ではありません。まず、読み方からして「自由」ではありません。例えば「あ」という文字があったとしたら、これを「い」や「う」と読んではいけないのです。

これは冗談ではありません。もし「楽しみ方」が「自由」というなら、「あなたを愛している」と書いてあったとしても、「おまえを殺す」と読むことだってできるのです。そうなると、作中の人物に「あなたを愛している」と言わせただけなのに、「あの作家に殺すと言われた」として、その作家を訴える読者だって、そのうち現れるのではないでしょうか(あるいはもうすでに現れているかもしれません)。

しかし、そういう訴えが認められる世の中には、今のところなっていません。そういう訴えがされたとしたら、諫められるのはその読者の方です。

このこのとからも自明なのですが、読み方や楽しみ方は、そもそも自由ではない。そこには大きな規制があります。その規制がある状態を、「自由」とは言わないのです。
──────────────────────────────────

ココから先は、これを書いた方の妄想世界上での話しが続くのでこの辺だけ。

>本は、購入した人の所有物ではありません。そもそも、太陽とか土とか水でできた紙を使ってできた本を、数百円払ったくらいで「所有」しているという考え方がおこがましい。

いいえ。
法的に「購入した本」は購入した方が『所有権』を有する所有物です。
「太陽とか土とか…」のくだりは…まあ


お前がそう思うんならそうなんだろうな。お前の頭の中ではな。


とだけ言っておこう。



>「物」は、言うならばこの世界そのものの「所有物」であり、人間にとってはむしろ「借り物」という方が近いです。

っていうことは、もしあなたの著作物であっても、それはあなたのものではないということになります。
ということは、あなたにはそこまで言う資格もないことになります。
この考え方だと、扱いについて文句を言えるのは、「神」くらいしかいないことになりますね。


>それを破いたり捨てたりしたら、作家のみならず、誰でも、この世界そのものの一員として(一部として)、それを咎め立てすることができます。と言うより、咎め立てするべきです。

紙やインクがどんな風に作られてるのか、とかいう部分は無視ですか?
木を伐採し、いろいろ加工してできている「紙」を作る行為そのものがすでに「破いたり捨てたり」してる行為と同意ではありませんか?
あ、そうそう「作る行為と自炊によって裁断する行為は違う」とかいうマヌケなこと言わないで下さいね。
そこに人間の感情があるかないかなんて関係ないです。行為そのものを言ってるのですから。


>その持ち方や使い方を誤っている人がいれば、行って「誤っている」と勇気を持って指摘してきたいと考えています。

うんまあ…いるよね、こういう、全てを支配したがる人。
文書どおりに理解しても「誤読だ!」とか言い張って、挙句の果てに「俺が書いた文の読み方は俺が決める!」とか言い出して、周囲から叩かれ続けてた人って、もうBBS時代からいたっけなあ…。

読者全員に、読む前に、いちいち読み方をマンツーマンで説明してくれるわけですかね?

そんなことできるんなら、そもそも文章にする必要もなければ、本にする必要もなくない?
そういうことができないから、「本」というものの存在意義の1つとなっているんじゃないのかな?


>まず、読み方からして「自由」ではありません。例えば「あ」という文字があったとしたら、これを「い」や「う」と読んではいけないのです。

まず、「自由」という言葉の認識からして間違ってます。
自己判断で、行動を「選択」できることを「自由」といいます。

「自由」というのは「なんでもしていい」という意味ではありません。知ってましたか?

それからさ。
「あ」という文字があっても「い」や「う」と読んでもいいんじゃないの?
それで読めるならね。
その認識だと、英語で書いてある文書は、英語を完璧に理解できる人しか「読んではならない」ことになりそうだな。


>これは冗談ではありません。

冗談にしか聞こえません。
むしろ冗談だと言ってください。


>読み方や楽しみ方は、そもそも自由ではない。そこには大きな規制があります。その規制がある状態を、「自由」とは言わないのです。

まあこんな認識だからね…「規制」されることが「自由ではない」とか思ってるアホは割と多いみたいですね。
「規制」されてたって選択肢が狭まるだけの話であって、決して選択そのものを強制的に決め付けられてるわけではありません。



ココから先はただのヨタ話レベルの話なので、割愛します。
興味のある方は各自でお読み下さい。


…個人的に、妄想に身を任せるのは勝手です。
だけど、それを外に垂れ流さない方が、多分、今後の評判を考えると、よろしいのではないかと思います。

この方が、今までどんな人生を歩んできたのかは知らないし、そんなこと興味もありませんが…

ひとまず、無理かもしれないけど、もう少し冷静になって、「所有権」「著作権」それから「自由」について、もう少し勉強してから発言したほうがいいように思います。



あーそうだ。


ちなみに「もしドラ」とかいう作品の作者なんでしたっけ?
作品のことは、見たこともないし、今後見る予定もないので、触れないでおきますね。





>188 :名無しさん@涙目です。(慈恩寺):2011/12/25(日) 20:06:35.87 ID:C3A7k0kC0
>こんな作者の本がベストセラーになっちゃう国って・・・ 

いやむしろ逆かもしれません。
一般人とは考え方が大きく異なるからこそ、人とは違う発想が生まれ、そこから名作が生まれるのかもしれません。

こう言ってはナンだけど、こういう作家の世界では、へたするとマトモに会話が成り立たないような方まで、中にはいらっしゃるので…




本来その手綱をしっかり握らなければならないのはマネージャー、編集者の類なんだけどね。




まあ炎上商法としては成功なんじゃない?
クリックお願します↓

Blog Entry ランキングへ投票
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





【ツインテール】に関するアンケート実施中!
携帯ブラウザからも閲覧できます。


http://www.twintail.net/dic/question/index.php





【Twintail.Order】http://www.twintail.net/order/

【ツインテール名鑑】http://www.twintail.net/dic/



「ブラック★ロックシューター】http://www.twintail.net/dic/char__blackrockshooter.php

「吉川ちなつ」http://www.twintail.net/dic/char__yoshikawa_chinatu.php

「立花みほし」http://www.twintail.net/dic/char__tachibana_mihoshi.php

「長野原みお」http://www.twintail.net/dic/char__naganohara_mio.php