近頃、いわゆる「自炊」の話がやや盛り上がってるようですが。
これもまた、「児童ポルノ」関連と同じく、文句を言うところがかなり分散しているようにも思えます。
…話を混乱させるために、わざとやってるんじゃないかと思うくらい。

しかしだ…


BLOGOS(2011/12/25)

…ものすごく長ったらしい上、読んでて疲れる文書なので、全文掲載するのはやめます。
興味のある方はリンク先をご覧下さい。

──────────────────────────────────
マンガ家の佐藤秀峰さんが、最近話題の自炊代行について、ご自身のブログに記事を書かれています。

この中で、佐藤さんは自炊代行を巡る一連の議論を取りあげながら、ご自身の「本」や「マンガ」への考え方を述べられています。

その、佐藤さんの本やマンガへの考え方について、いくつか違和感を覚えたので、ここに書きとめておきます。

>ですが、本は購入した方の所有物ですから、破こうと捨てようと作家は口出しできる立場にはありません。

本は、購入した人の所有物ではありません。そもそも、太陽とか土とか水でできた紙を使ってできた本を、数百円払ったくらいで「所有」しているという考え方がおこがましい。

当たり前ですが、本でも何でも、一個人の完全な所有物となるものなんて、この世にはありません。「物」は、言うならばこの世界そのものの「所有物」であり、人間にとってはむしろ「借り物」という方が近いです。今認められているいわゆる「所有権」とは、その「借り物」の処遇について、他の者よりも比較的多く決められる権利――くらいの意味しかないのです。

ですから、当たり前ですが、それを破いたり捨てたりしたら、作家のみならず、誰でも、この世界そのものの一員として(一部として)、それを咎め立てすることができます。と言うより、咎め立てするべきです。

それは、権利と言うよりは、この世界そのものの一員としての責任です。ぼくは、誰が持っている本であっても、その持ち方や使い方を誤っている人がいれば、行って「誤っている」と勇気を持って指摘してきたいと考えています。

>なぜ読者は、購入した本の使い道までを、作家に指示されなくてはならないのでしょうか。
>購入した本は購入者の物で、楽しみ方は自由なはずです。

上記でも述べましたが、購入した本の使い道は購入者の自由ではありません。まず、読み方からして「自由」ではありません。例えば「あ」という文字があったとしたら、これを「い」や「う」と読んではいけないのです。

これは冗談ではありません。もし「楽しみ方」が「自由」というなら、「あなたを愛している」と書いてあったとしても、「おまえを殺す」と読むことだってできるのです。そうなると、作中の人物に「あなたを愛している」と言わせただけなのに、「あの作家に殺すと言われた」として、その作家を訴える読者だって、そのうち現れるのではないでしょうか(あるいはもうすでに現れているかもしれません)。

しかし、そういう訴えが認められる世の中には、今のところなっていません。そういう訴えがされたとしたら、諫められるのはその読者の方です。

このこのとからも自明なのですが、読み方や楽しみ方は、そもそも自由ではない。そこには大きな規制があります。その規制がある状態を、「自由」とは言わないのです。
──────────────────────────────────

ココから先は、これを書いた方の妄想世界上での話しが続くのでこの辺だけ。

>本は、購入した人の所有物ではありません。そもそも、太陽とか土とか水でできた紙を使ってできた本を、数百円払ったくらいで「所有」しているという考え方がおこがましい。

いいえ。
法的に「購入した本」は購入した方が『所有権』を有する所有物です。
「太陽とか土とか…」のくだりは…まあ


お前がそう思うんならそうなんだろうな。お前の頭の中ではな。


とだけ言っておこう。

続きを読む