NEWSポストセブン(2011/12/20)
──────────────────────────────────
 『島耕作』シリーズで知られる漫画家・弘兼憲史氏や、作家の東野圭吾氏、『北斗の拳』の原作などで知られる武論尊氏らが2011年12月20日、書籍をスキャンして電子ファイルを作成するいわゆるスキャン業者2社に対し、行為差し止めを求める訴えを東京地方裁判所に提起した。漫画や書籍のスキャンは、インターネット上で「自炊」とも言われるが、原告らは「自炊は代行し得るものなのか疑問」として、「自炊代行業者」ではなく「スキャン業者」と呼んでいる。
 被告となったのは「スキャンボックス」(有限会社愛宕)、「スキャン×BANK」(スキャン×BANK株式会社)の2社。原告側によると、昨年初頭には数社だったスキャン業者は今年9月に約100社になるほど増加している。また、スキャンするために裁断された書籍がYahoo!オークションなどで販売されている現状もあり、弘兼氏ら原告団は
「『自炊』は著作権法上の『私的複製』として認められていますが、専門業者による(まして大規模な)その代行は私的複製では到底ゆるされない」
として、訴えを起こした。訴えはスキャン行為の差し止めを求めるもので、損害賠償の請求は行っていない。
 会見で、「日本国内で電子書籍がちゃんと流通していれば、こうした事態にならないならずに済んだのではという見方もあると思うが、作家の皆さんはどのようにお考えか」との質問がなされると、「電子書籍での出版を認めてない」という作家の東野圭吾氏は、
「『電子書籍を出さないからスキャンするんだ』という業者にはこう言いたい。『売ってないから盗むんだ』、こんな言い分は通らない」
と、憤りをあらわにした。
──────────────────────────────────

>また、スキャンするために裁断された書籍がYahoo!オークションなどで販売されている現状もあり、弘兼氏ら原告団は
>「『自炊』は著作権法上の『私的複製』として認められていますが、専門業者による(まして大規模な)その代行は私的複製では到底ゆるされない」

えーと、ちょっと待って?
……なんか論点が完全にズレてるような気がするんだけど。
それこそ「規制は悪」だと決め付けて成人向け漫画の「規制そのもの」に反対している連中と大差ないような気がする。

「自炊」と言われるとなんだかよく分からないかもしれないので…

ではそもそも「自炊」とはなんなのか?


続きを読む