MBSニュース
韓国の船会社「管制指示で針路変更」


コンテナ船を所有する韓国の船会社は、事故直後に、船長から「管制室の指示に従い針路を変更したら衝突した」との報告があったと話しています。

「『関門海峡の管制室から、左の方に針路変更しろという指示があって、左に針路を変更したら、航行中の護衛艦「くらま」と衝突した』と船長から報告がありました」(ナムソン海運、イ・ドンウン運航企画チーム長)

コンテナ船「カリナ・スター」を所有する船会社「ナムソン海運」によりますと、事故直後の船長からの報告では、コンテナ船は、関門橋の下を通過中、小型船を追い越すために、当初は右側を進もうとしていました。

ところが、関門海峡の管制室から左側に針路をとるよう指示があったため、それに従ったところ、護衛艦「くらま」に衝突したと報告しているということです。(28日11:24)
右側から追い越そうとしていたが、管制室から「左側に進路を取るように指示があった」ため、それに従ったところ、衝突…??
…本当なのかこれ??
だってここ「追い越し禁止区域」じゃないか。

続きを読む