…そういや、ウチの親戚や家族は、韓国旅行に行くことはよく聞くけど、K-POPや韓流ドラマ、それから韓国製の商品については特に聞かないな。
そういえば、龍の髭(韓国産。家族の韓国土産)を、友人と分けて食べたら、翌日まで腹の調子をおかしくしたんだけど、アレってたまたまなんか悪くなってたのかな?

…まあ、たまたまですよね。

…いくらなんでもね…。


でも、もう二度と韓国産の「龍の髭」は食わないことにしよう。


で、またもや韓国の話題がこちら↓

週プレニュース(2011/10/25)

──────────────────────────────────────────
6月に発売された1stアルバム『GIRLS’ GENERATION』が、今月に入って累計60万枚を突破した少女時代。来月には全米デビューも決定と、その勢いは増すばかりだ。あるレコード会社社員がこう語る。

「60万枚なんて、ひと昔前なら200万枚レベルの大ヒットですからね。さすがに、ブームは本物だと認めざるを得ないです」

少女時代の他にも、東方神起、T-ARA、KARAなど人気グループが日本のチャートを席巻している。このK-POPブームで日本のレコード会社もさぞかし儲けたかと思いきや、意外と「利益回収は難しい」という。

「とにかく破格の宣伝費を突っ込んでますから。シングル1枚に5000万円、ミート&グリートのファンイベントだと1500万円とか。国内アーティストじゃ考えられない額です」(前出・レコード会社社員)

ブームの盛り上がりともに、出版業界ではK-POP専門誌が数々創刊された。しかし、これも今では斜陽になりつつある。専門誌の編集者がこう語る。

「昨年の夏に『JJ』が東方神起を表紙に起用して以降、おかしくなり始めまして……。10社以上が専門誌を創刊したんじゃないかな。おかげで読者を食い合って共倒れ状態ですよ。実際、私のギャラもどんどん削られてますし」

利益は少ないが、セールスが好調なゆえに取り上げなければならないというジレンマ。こうした日本の音楽業界の状況について、前出のレコード会社社員は自嘲的に「もはや、K-POPの奴隷ですよ」とつぶやく。

「レコード会社と韓国の事務所の間にはだいたいエージェントが入るんですけど、とにかく態度がデカい。楽曲や衣装に関して、韓国サイドのやり方に少し意見しただけで目をつけられて、この1年で担当が何人もクビになってますから。大人な対応ができないと仕事になりません。ウチの上層部も完全なイエスマンだし」

現場のケータリングに“辛(しん)ラーメン”がなかっただけで激昂されたこともあるとか。ブームの影で、日本の担当者たちは思わぬ苦労をさせられているようだ。
──────────────────────────────────────────

…あれ?

G-ラボ(2011/10/23)


この結果を見る限りでは、そんなに人気があるように思えないのだけど?
それとも、朝日新聞は韓流の敵なのですかね?アサヒってるとか??

続きを読む